algo(アルゴ)で頭の体操を!

こんにちは。かどさんです。

前回はゲームって
色々役に立ってるよ!
ってことを
アピールしてみましたが

今回は、手元に
丁度いいゲームがあったので
紹介しようと思います!

その名はアルゴッ!( ゚д゚ )

これを遊ぶことで
頭がよくなる
ゲーム
なんです。

====================
algo(アルゴ)って何だ。
====================

さて、そんなアルゴの
ゲーム内容ですが

いつものノリでまとめると
こんな感じです。

■ゲームタイトル
algo(アルゴ)

■対象年齢
子どもから大人まで
数字が理解できれば
幼稚園でも大丈夫・・・?

■遊べる人数
1~4人

■プレイ時間
15分ぐらいかな

■どんなゲーム?
ものすご~く簡単に説明すると
相手の数字を当てる
カードゲーム
です。


こんな0~11の数字が書かれた
白黒のカードを使います。
(合計24枚)

詳しいルールは後述として

ゲーム自体は
あの学習教材なんかで有名な
(株)学習研究社
が出しています!


おなじみ学研。何かもう、それだけで
学習効果高そう…( ゚д゚ )

トドメに
箱の裏に書かれた解説文を
引用しますと・・・

アルゴは、算数オリンピック委員会(会長:広中平祐京都大学名誉教授)、東京大学数学科の学生有志、大道芸人としても著名な数学者ピーター・フランクル氏らが共同で発明・開発したカードゲームです。

ルールはカンタンですから、だれでもすぐにプレーでき、プレーするうちにゲームの面白さと奥深さに驚くことでしょう。
遊べば遊ぶほど集中力・記憶力・分析力が身につき、論理的思考力が向上します。
子どもから大人まで脳のトレーニングに役立つ、まさに「頭のよくなるゲーム」それがアルゴです。

ご家族やお友だち同士でぜひおたのしみください。

・・・とのこと。

あ。これ確実に
すごいな。

そう思ってしまう
ゲームですね。(;´Д`)

====================
algo(アルゴ)のルール紹介!
====================

1~4人まで遊べるのですが
今回は2人で遊ぶ場合の
解説をしますね。

準備1:
白黒のカードを混ぜてから
お互い1枚カードを引きます。

数字の小さい方が
親になりますよ。


下記6点のイラストは説明書より

準備2:
親はカードをよく切って
4枚ずつカードを配ります。

残りは山札に。

準備3:
お互い相手に
数字が見えないように
小さい数字が
一番左にくるように並べます。

ちなみに同じ数字を
持ってる場合は
黒が小さい数字とします。


合言葉は…ちびくろッ!
図では数字が見えてますが、
実際は相手に見えないように置きます。

お互い
相手の伏せられた
数字を当てる
わけですね。

相手の数字を
全部当てたら勝ち!
というゲームです。

準備ができたら
ゲーム開始です。

■1
親から開始。
山からカードを
1枚引きます。

で、このカードは
相手に見られないように。

■2
さっき引いたカードを
相手の伏せたカードの前に置き
数字を当ててみます!
(これをアタックと言います)


初手では
相手の数字を予測するのは
難しいので
大体あてずっぽうです(笑)

■3
アタックされた相手は
数字が合っていたら「イエス」
間違ってたら「ノー」
と言います。

「ノー」だった場合は
アタックした札を
表にして自分の列へ。


こんな感じに
左から数字小さい順ルールで
並べます。

段々数字の
予測がつきやすくなるのが
お分かりでしょうか・・・。

例えば白の2の左に
白があるということは

これは白の0か1であることは
予想できますね。

話しを元に戻して。

「イエス」の場合は
当てられた数字を
オープンします。

ここでアタック側は
引き続き別のカードに
アタックしてもいいですし

アタックをやめて
カードを伏せたまま
並べてもOKです。


伏せたまま並べると
相手に数字が
バレにくい利点も。

■4
今度はもう1人の
プレイヤーが山札から
カードを引いてアタック。

以後、どちらかのカードが
全て当てられるまで
繰り返しです。

3~4人用も大体同じ感じで
4人用だと2対2なんて戦い方も。

1人用は少し特殊になるので
買ってみての
お楽しみということで。

ですが
しっかり論理的思考が
養える作りになっていますよ。


チップを使った楽しみ方も!

====================
algo(アルゴ)はどこで
買えるかな?

====================

地元和歌山では
大きめの本屋さんでも
売ってました。

本も出版している
学研制だからかな?

知育玩具コーナーで
積み木やパズルなんかと一緒に
置いてましたよ。(´∀`*)

また
実際に手に取って買いたい!
なんて考えるかもですが

見つからない場合や
ネットができる環境なら
通販もいいかな
と思います。


ショップ学研より
https://shop.gakken.co.jp/shop/
アマゾンでも扱ってますね(´∀`*)

値段も
アナログゲームの中では
安めですし

繰り返し何度も
遊べて頭も良くなる!

子どもも大人も
楽しめて

頭のトレーニングになる
アルゴ

あなたも
いかがでしょうか。(´∀`*)

めも(・ω・)
アルゴは頭にすごくイイ!

返信を残す