ロビンソン漂流記(1人用ボードゲーム)

ボードゲームは基本的に
複数人で遊びますが

1人で遊ぶゲームも
そこそこあります。

今回はそんな1人用
ボードゲーム

フリードマンフリーゼの
ロビンソン漂流記
の紹介です!

================
ロビンソン漂流記って
どんなゲーム?

================

プレイヤーは
孤島で気ままに暮らしていた
フライデーさんです。

ある日
ロビンソンさんが
島に漂流してきたので

彼を
いい感じに導いて
島から脱出させる
(むしろ追い出す)ゲームです。

ジャンル的には
カードゲームに近い?

毎ターン彼に
試練が訪れるので

試練カード。上の試練は島の探索ですね。

ロビンソンさんは
デッキを使って
うまく立ち回るのが
基本的な流れです

ロビンソンデッキ。トランプの山みたいなのを想像して頂ければ。

成功したり
失敗したりすることで
デッキが強化されたり
体力が増減するので

そんな試練を繰り返して
ロビンソンさんを
鍛えていきます。


試練をクリアすると強いカードがロビンソンデッキに加えられます。上の試練をクリアすると、攻撃力4の武器が!

ゲーム終盤には
海賊船が現れるので

それを倒せば
無事に島を脱出!

倒せなかったり
途中で体力が尽きると
ゲームオーバー。

そんなゲームです。

================
ロビンソン漂流記の
面白い点!

================

ロビンソンさんの
ポンコツっぷり

ゲームとしての面白さを
担っているのは
間違いないですね。

試練には難易度があって
それ以上のポイントを
達成できればクリア!
なのですが・・・

最初のロビンソンさんは
ポイント0ならまだマシで
マイナスもフツーにあります。

なので難易度1とか0でも
割と失敗します。

腹立つやら愛おしいやら(笑)


難易度0で失敗・・・ちなみに難易度の左にある「1」がタダでカードを引ける枚数です。難しい試練だと2枚以上引けることも。

基本ダメな子なので
たま~に
うまくいくと嬉しい!

体力を2消費して(体力1使うと追加でカードを1枚引けます)何とか成功・・・つД`)

ゲーム後半は
試練の難易度も上がりますが

ロビンソンさんも
(多分)成長して

いろんな強いカードが
増えていることでしょう。


たとえば「天啓」のカードは3点なのも強いのに、これから引くであろう3枚のカードを見て、好きな順番に並び替えることができます。(更に1枚捨てることも可能!)

そうなると今度は

プレイヤーの選択で
難しい局面を
クリアしていくことも
可能になります!

このカードひっこめて
これ引いて・・・
この順番なら次にこれを
引けばいけるからetc・・・


うまくハマれば最高の気分!上図は難易度9の試練に対して「繰り返し」を活用して「天啓」の数字を2倍にし、2+1+6=9で達成!(クリックで拡大できます)

こんな感じで
脱出(いや、追い出しか・・・)
を目指します!

更に難易度が4段階あるのですが
最高難易度は
私だとクリアできそうにない
レベルです(´;ω;`)


正直、一番簡単な難易度でもツラい・・・。

難易度高めなのも
言い換えれば
挑戦のし甲斐があって
いいですね。

更に各プレイは得点制なので
繰り返しプレイも楽しめます!

色々と考えられているんだな~
という点が見えますね(´∀`*)

================
ロビンソン漂流記を
遊んでみよう!

================

ロビンソン漂流記は
2012年に発売しました

何度か再販もされ
現在も購入可能な状態ですが

品薄なせいか
定価以上になっていることも
しばしばで・・・


私が買った時は1700円ちょいでした・・

そんな時は
アプリ版を試すのも
アリかもですね。

大体500円ぐらいで購入できます。

アンドロイド版
Friday – by Friedemann Friese – Google Play のアプリ

App版
https://apps.apple.com/jp/app/friday-by-friedemann-friese/id1222916942?ign-mpt=uo%3D4

但し英語なので注意!
とはいえ難しい単語や
言い回しは無いので

中学程度の
英語力があれば大丈夫かと!


googleplayのページより。
辞書を片手にプレイも一興(´∀`*)

以上
ロビンソン漂流記の
紹介でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。