丁半~博打でお馴染み!?お手軽ゲーム

お手軽にできるサイコロゲームといえば

丁半!



別名、丁半博打!

あれです。
江戸時代に庶民の間で流行した
サイコロ振って
奇数か偶数か
当てるやつです。


説明、以上ッ( ゚Д゚)
・・・なのですが

当時の本格的な
手順って
どんなのかな~と思って
調べてみました。


edeaより画像お借りしました。太秦の江戸酒場で行われている丁半博打の様子

================
用意する道具や
丁半の基本ルール

================

まず
用意する道具は
サイコロ2つと壺
(ザルと呼ばれることも)

どちらに賭けるか使うコマ札

盆蓙(ぼんござ)

盆茣蓙とも書きます。
このセットは

綿布団の四隅に
鋲を差して固定した
盆台

白い布の部分です

その上に
60×360cm程度の
金巾(いい感じの布)
などで作った盆切れ

で構成されています。
これを盆ござと呼んでいる場合もありましたが、定かではありません…。
見た目的には盆ござなんですが…(´・ω・`)

そして運営側は
審判員兼進行係の
中盆

どちらか。

中盆に従ってサイコロを振る
ツボ振リ

あとはが周りに
座ればOKです。

主催者的な立場の人もいて
呼び方は徒弟制度なので

三下(さんした)、出方(でかた)
代貸(だいがし)、貸元(かしもと)

など色々あります。
(貸元が一番えらい人になります)

ゲームの流れは

==============
予めお客さんにコマ札を配ります


横浜カジノ教室さまよりコマ札
コマ札=お金!
時代によっては現金が使われていました。

場によって
駒札1枚当たり幾らか変わってきますので
予めみんなで確認しましょう。

好きなだけコマ札を貰ったら
お客さんは着席します。

==============
中盆がツボ振りに開始の合図を出します


画像は邦画「女賭場荒し」より
中盆さんが「ハイ、ツボ」
って言うみたいです

==============
ツボ振りは壺に
サイコロを2つ入れて
盆茣蓙の上に伏せます

==============
でもってツボを伏せたまま
手前と奥にツボを動かします。


これで中のサイコロの目は
誰にも分らない!

==============
賽の目は決まったので
丁か半かを賭けます。

ツボ振りの手前に置けば丁
向こう側に置けば半に
賭けたことになります。

==============
中盆は丁半均等になるように
アピールします


丁ないか。半ないか。みたいなシーンを
テレビや映画等で見たことあるでしょうか。

後の配当を考えたら
中盆さんの腕の見せ所ポイントですね。
ちなみに賭けが偏ってる場合は
中盆さんが補完することも…。(カワイソウ…)

==============
丁と半がいい感じに出そろったら勝負!

ツボを開けて結果を確認します。

コマがそろいました。
勝負!ってやつですね。
偶数が丁
奇数が半になります。

==============
配当処理いろいろ。

まず5分(5%)を
主催者の収入として配当し

結果が1,2か2,6の場合は
1割(10%)が更に子分の配当に

残りを勝者に分配します。

6の均等になるよう
アピールが効いてくる部分ですね。

計算が合わない場合は
ここも中盆さんが補完したのかな…。

で、続ける場合は2へ。
以上がゲームの流れです!

================
おうちで楽しむなら
こんなルールでどうでしょう?

================

ただ、上記のように
本格的な道具やルールだと
敷居が高くなりがちです。


せっかく気軽に
楽しめるゲームなのに!(´;ω;`)

そこで家庭であそぶ場合は
こんな風にしたらどうだろう?
というアイデアを
いくつか挙げてみますね。

1:盆蓙(ぼんござ)は
普通の机でもいいじゃない

それっぽい布や布団で
盆蓙っぽいものはできそうなので
チャレンジしてみたいところですが

気軽に楽しむなら
机でもOK!
何なら地べたでもOK!

ついでに壺の代用品も
なんでもいいと思います。

2:コマ札の代替品は
100均あたりでオモチャのお金や
チップを入手!


いい感じの木切れがあれば
そちらを使うのも面白そうですね。
100均だけでなく
ホームセンターでも探せそうです。

3:配当も専用の
支払い木札(チップ)を用意!

誰のものでもない
木札の山を用意しておいて
買ったらそこから木札をもらい
負けたら木札をこちらに渡す制度です。

人生ゲームの銀行みたいなものですね。

ガチルールだと配当処理が難しいので
こちらで試すのもよさそうです。

後は最大賭け札を設定したり
賭けは丁半均等に
分かれるように気を付ければ
そこそこ遊べそうかと。

以上!

サイコロだけあれば遊べるものの
それっぽい道具をそろえると
また違った楽しみ方もできる丁半。

あなたも、あそんでみませんか。

めも(・ω・)==========
丁半は気軽に楽しめるゲームだけど
雰囲気を味わうゲームとしても秀逸!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。