ゲームって何さ?

こんにちは。かどさんです。

以前ローフードのことをブログで書いてから、
お昼ごはんだけですが、
結構気をつかうようになりましたよ。

栄養とかどうでもいいから、
お昼に眠くならないのがイイ! (´;ω;`)
という思考が一瞬よぎりましたが、

長く続けるには
ちゃんと栄養もかんがえた方がよさげですね。

今日はうどんに梅干しをいれて食べました。
梅干しの酸味とダシの風味がいい感じにマッチして
意外とあうのでオススメです。

restaurant_soft

==============
さて、本編。
==============

ところで、
あなたはゲーム、お好きですか?

ん~。

(・ω・)「めっちゃ好きですよ。」
(´▽`)「たまにやります。」

(´・ω・`)「難しそうだから手を出してないなぁ。」
(T▽T;)「最近やってないなぁ。」
( ̄^ ̄)「やったことないです。」

いろいろあると思います。

ただ、おそらくあなたは、
テレビかモニターに向かって やる
コンピューターゲーム
想像しているのでは。

と思います。

ゲームの代名詞ですもんね。
私も素で聞かれるとコンピューターゲーム
想像してしまいますよ。

game_soft

実はですね。

ひとくちにゲームといっても、
かなり広い意味があるんです。

ちょっとウィキペディアの文章借りますね。

ゲームの定義

ウィトゲンシュタインによる定義 哲学者のウィトゲンシュタインは、著書『哲学探究』のなかで、カテゴリ化に関する議論のなかでゲームの定義を議論した。 おそらくゲームを定義づけようとした最初の議論と考えられている。 ゲームと呼ばれているものは、ルールや競争を共通の要素として持っている。 しかし、彼は、どのようにゲームを定義づけようとしても、必ずその定義から外れてしまうような「ゲーム(とみなされる活動)」があると述べ、しかしそれでもなお、ゲームと呼ばれるものには一定の類似点(家族的類似性)によってゆるやかにまとまっていると主張した。
・・・・・・。

何言ってるのかわかんない(泣)

だめだこりゃ。(´・ω・`)

もうちょっと、こう・・・キュピーンとくる
いい感じの定義はないものか・・・。

おっ。
こちらはちょっと、わかりやすそうですよ。

・ゲームとは、少なくとも二人以上のプレイヤー同士が対立構造を持ち、ルールに従って定量化可能な結果にいたるシステムである。

まだちょっと難しいですが、

2人以上のプレイヤーで
ルール決めて、
そのルール上の結果を目指すぜ!

というのがゲームだよって言ってますよ
このウィキペディアさんは。

でもこれだと1人でやってるゲームは
ゲームじゃないような・・・。

・・・謎です。

そう。

謎なんです。(2回目)

このように、定義もいまひとつ
あいまいなものなんですよまいったなこりゃ。

ゲームを理解するってことは、

(・ω・)「ねーねー。ゲームって何?」

って聞かれたときに答えらるかどうかですよね。

テレビでカチャカチャやるやつ・・・
だと50点

みんなで遊ぶやつ
でも50点・・・?

じゃあゲームって何なのさ。

このあたり、次回もいっしょに
考えていければと思っています。

今日もよんでくれてありがとうございます。
それではまた!(・ω・)ノシ

ゲームって何なんだ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。