ろ-ふーど

こんばんは。かどさんです。

さて、予想どおり、毎日のブログ時間
30分になりました!

毎日続けるには、
このぐらいがちょうどいいかもですね。

1時間だと長い気がするし、
10~20分だと、ちょっとものたりない。

ですが、ここで重要な指令が。

何か読んで頂いている方にとって、
価値のあること書きなさい。

うむ・・・。

過去語り、連載打ち切りの危機です(泣)

fumira_jisin_soft

いや、あれはあれでエンタメという
価値はあるかもですが、

過去語りは、
時間が空いたときにでもやってみますよ。

今回の価値とは読んでいただいている
あなたのレベルがあがるような、
そんな価値をイメージしています。

ちょっとした学びってやつですね。

価値あること・・・。
そうですね~。

まずは先日書いた、
ローフードをやってみましょうか!

mybag

まずはローフードのおさらい。

加工されていない、
生の食材を食べるぜ! っていう習慣ですね。
生野菜や果物、木の実が代表的です。

肉も生でいっちゃう場合がありますが、
食中毒とか怖いので今回は
オススメしません。

ローフードをとることで、

お昼に眠くならない
体調が良くなる

と書きましたが、あれは真実です。

大体お昼ごはんを食べたときって
眠くなりませんか?

又は、ちょっと食べ過ぎて
胃のあたりが苦しいな~
なんてこともあるかと思います。

科学的な根拠もあるんですよ。
代表的なものを3つ挙げて見ますね。

budou

その1
生ものは常温だから胃に負担がかかりにくく、
消化にやさしい。

負担がかからないから、体も疲れない。
胃に血液がそんなにいかないから、眠くならない。

その2
酵素(英語でエンザイム)を多く摂取できる。

ここ数年で注目されている栄養素ですね。
身体の酸化を防ぎます。
早いはなしが老化防止です。

その3
ダイエット効果。

明らかに期待できますよね。

生野菜なんかはカロリーも低めですが、
その2の酵素も関係しています。

あまった酵素は解毒や代謝に回されるので、
やせる要素になるというわけです。

・・・・・・。

でもですね。

そんないいことずくめなローフード、
自分が食べる分にはいいのですが、

例えば
お子さんは嫌がるんじゃないかなー
と思います。

うららかな休日の午後。
おなかをすかせたお子さんの前に、
おもむろに置かれる

サラダと・・・やまもりのナッツ類。

次の瞬間!

(・ω・)「木の実とか野菜とかないわー。
にく食いてえ。」

(。・д・。)「でもね。ローフードは
体にとっても良くってね…」

(;ω;)「しーらーなーいー!
にくうううぅぅぇぇ!!!」

って言うんじゃないかなあ…。と。

最後言い過ぎ? (笑)

ここで大事なことは、

「お子さんにローフード食べさせる」

ではなく、

「ローフードを食べるという経験と、
体調の違いをちょっとでも体験してもらう」

です。

syokuiku_girl

好き嫌いをなくす、
という効果も期待できますね。

食わせた!

勝ったっ!!

ではダメです(笑)

さてさて。
どうやって食べてもらいましょうかねえ。

いくつかロクでもなさそうな
アイデアを思いついたので、
(自分で言うな)

また明日にでも書こうと思います。

あなたも妄想すると、楽しいかもですよ。

どうやって食べさせよう…?

それでは今日も読んでくださってありがとう。

それではまた! (・ω・)ノシ

5件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。